令和2年4月吉日

 

 

春季大会中止のお知らせ

 

 

 

 へら鮒釣り愛好者の皆様へ

 

  

 標題の件につき以下申し上げます。

 令和2年4月26日(日)に北村ふれあい公園沼において開催予定の、日研北海道地区春季へら鮒釣り大会を中止いたします、代替開催も致しません。

 

 ここ数年皆様と「北村ふれあい公園沼の桜を愛でつつ」として『4月最終週の日曜日』の開催を続けてきました『日研北海道地区春季へら鮒釣り大会』ですが、当該年度も当初予定しておりました4月26日開催につきまして着々と準備を進めてまいりました。

 一方で、やはり昨今のコロナウイルス関連の情勢は大変に厳しく、当初は『濃厚接触の少ないへら鮒釣り』であることと、日々刻々と変化する実情を「開催の方向で模索する」として見守ってまいりました。

 また、愛好者の中には開催に向けて「マスクを用意できます」など、力強いお声がけもいただいておりました。

 

ただ、でき得る万難を排して開催に漕ぎつけても、やはり「人命を賭して」までの選択はでき得ません。

明日のへら鮒釣りを思い、ここは「確りと自重をすべき」との判断に至りました。

  へら鮒釣り愛好者の皆様、特に大会を楽しみにしておられた皆様には、かかる事情をお汲み取りいただきましてご容赦いただけますようお願い申し上げます。

 

 他方、当該年度の放流事業につきましては、前年度並みを目標に現在調整中でございます。

 放流事業の継続は年々の放流バッチ販売数の減少で大変に厳しい状況ではありますが、今年も前年度をやや下回る規模にはなりますが、何とか事業を展開できる目途を立てております。

 へら鮒釣り愛好者の皆様におかれましては、より一層の放流バッチへのご理解を賜り、ご購入の段よろしくお願いいたします。

 

 末筆ながら、我々日研会員も含めてくれぐれも自愛を心掛け、この国難をきっと乗り越えてまいりましょう。

そして秋には、9月第一週の秋季大会の月形皆楽公園沼にて、ぜひとも皆様とご一緒に笑顔でへら鮒釣りを堪能できるようにと心から願っております。

 

 

 

日研北海道地区

 地区長 高杉富士夫