第12回農林水産大臣杯争奪戦出場報告

平成28年12月23日 横利根川(茨城県稲敷市) 参加123名

農林水産大臣杯争奪戦の出場報告をさせて頂きます。

大会前日は日研本部各氏の協力もあり試釣が出来ました。

大会当日は抽選で出発場所が決まる為、試釣をしている方は比較的少なかったです。

各氏の御好意で好調が続いている小松屋前で竿を出す事になりました。

エサ打ち数投後(2~3投位)に記念すべき1枚が釣れました。型は8寸位です。

魚がかなり居るようで3時間弱程で4、50枚位だったと思います。(釣れくる魚は新べら主体で8~9寸)

竿:15尺 タチ:2.5本 タナ:底 エサ:四季+新べら ~ LL+新べら

 

【大会日当日】

開会式に集まった顔ぶれは雑誌やテレビ等でお馴染みの方々が多数出場されておりました。

開会式中には遠藤理事長より私の事をみなさんに紹介をして頂き、緊張中でしたが更に緊張しました。

当大会は開会式後に抽選をし、出発する舟宿、出舟順が決まります。

出来れば前日に試釣をした付近が当たればと思っていたのですが、堀井と言う舟宿からとなりました。

堀井へ移動し、出舟の時間まで陸で待機してましたが、周りを見ると知ってる顔が数名おられました。(隣にも)

とここで出発間際に問題が発生。船を漕ぐ練習をしてませんでした。

そんな中、出発の合図が・・見よう見まねで立ち漕ぎを・・何とか出来ましたが何故か超低速の為、

数名の方にお先にどうぞと先へ行ってもらいました。

出舟場所から比較的近い場所がいいのではと、お世話になっていた伊東氏のアドバイスで場所を決め

特別に舟付けをして頂きました。

前日と同じタチとの事で前日と同じ竿と仕掛けにてエサ打ち開始。

10投程でサワリ出したが、なかなか食いアタリにはなりませんでしたが何とか1枚を釣り、

その後は多少寄った感じの時はあったが終始難しい釣りになりました。

結果、28枚で7.94kg(40位)との成績でした。

竿:15尺 タチ:2.5本 タナ:底 エサ:四季単品(流れ出た時は野釣グルテンを混ぜました)

 

詳しい成績は 日本へら鮒釣研究会行事報告 をご覧下さい。

 

最後になりますが、本部の方々には大変お世話になり、この場をお借りしまして心より感謝申し上げます。

 

 

                                      日本へら鮒釣研究会 北海道地区新べらクラブ支部 藤田